fc2ブログ

4月15日

4:15起床
 事務所のゴミを出した。タバコを吸いに白浜まで行く。CDを聞きたかったので何となくポートアイランドまでいってもう一服。ポートアイランドでは幻聴は聞こえなかった。本末転倒ではないけれど深みにはまっているようでもやもやする。
11:39
シュレッダー作業をした。今日か明日には終わってしまう。普通の人が言う普通の精神状態は自分にとってはとても苦痛を伴う。眠っている時と頭の中を真っ暗にして視界も無くなるような状態のときは普通らしい。普通じゃない。これも昔から分かっていた。同時に悩んだりもしていたけど普通じゃないことくらい個性の延長だと割り切って生きてきたけどこの歳になるとそれも許されなくなってしまったのかなと。
17:00
うつ病で通院していたときちょうど視界の暗い日々が続いていて毎日が辛かったけどこれはいい人生の転機になるかもしれないと考えていたりもした。精神的に不安定でなるべく外からの影響を受けたくなかった。それなのに誘いの電話をうけると断れないで行ってしまう。断れない自分の性格をってこれは前のブログにかいたような気がする…ブログに書いたのか幻聴に話したのかよくわからなくなっている…頭が痛い。マインスーパーをやりすぎた。
18:15
出品中のスプロケ外しが落札された。事務所のPCにソフトをインストールし直したら問題なく宛名を印刷できるようになったのでわざわざノートを持っていかないで済むので楽になった。本局まで車で行くか自転車で行くか迷っていたら幻聴が「あなたお金ないのだから自転車で行きなさいよ」だって。ごもっとも。ということでご飯も食べたので自転車で行ってこよう。
20:36
無理せずのんびり自転車で行ってきた。家の近くになったら幻聴がはじまった。風呂場と台所と事務所と部屋で幻聴が多い気がする。
もし本当に認知行動療法が行われているとしたら依頼者は誰なのだろう。普通に考えれば両親だけれどどうしても知り合いの存在がちらつく。いつからなのかも気になるし頭が痛い。里山のキャンプ場で一休みしていたら森のほうから自分をからかうような声が聞こえてきた。かなり現実的な声でとても幻聴だとは思えなかった。姿は見えなかったけど2人居て一人がからかうような奇声を発していてもう一人がそれを制止していた様子だった。最初は自分とは無関係だと思っていたけど、奇声が聞こえた後に森の方を確認すると声が止み、また奇声が聞こえてきたのでまた確認すると「へんな奴だと思われるからやめろ」ともう一人の声が聞こえてきて「だって変なのはあいつでしょ」というやり取りが聞こえてきた。その後は何か喋っていた様子だったけれど聞き取れなかった。自生思考にしては現実的過ぎるし階上岳にはよく登っていたのでここでも変な奴として認識されつつあるのかなぁなんて軽くとらえてそれ以上深く考えはしなかった。
22:00
何かいつも以上に頭が壊れている。馬鹿な言葉がずっと駆け巡っている。頭を振る抵抗も出来ずにあきらめている状態。薬を飲んで休もうと思う。起きてもこの状態だったらもう開き直るか妄想や幻聴に無抵抗になるか病院へいくか・・・もう今日は早く目覚めたせいか疲れた。薬を飲んで就寝。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ダスク

Author:ダスク
日常や精神状態を記録しておく日記です。

最新記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR