fc2ブログ

死んだように生きる

23:00~9:30の10時間30分睡眠だった。
7時半頃だったかに一度起きてトイレ行って再入眠できたみたいで起きたら9時半でした。

今日は買い物へ行かないとなぁと考えていて行こうと思って準備して下へ降りたら丁度母も買い物へ行くところで一緒に行ってきた。
一緒に行くと体力も精神力も消耗するから午後から一人で行こうかなと言ったらガソリン代がもったいないとか言うから体力の消耗具合が違うと言ったらそうかそうかどっちでもいいよと言ったけれども面倒くさいから一緒に行くことにした。
自分の分の買い物をかごに入れいったん車に戻ってTwitterのタイムライン追って一服してまた店内に戻ったら会計していて丁度良かった。
しめ飾りとか明日のゆず湯用のゆずとか買っていた。

だいぶ前だけれどもテレビでココリコの遠藤さんが自分にも興味持てない…。と言ったらダウンタウンの松ちゃんが死んでしまえ!笑と言っていたのが印象的で未だにその場面だけ記憶に残ってる。
そうなんだよね。
色々なことに興味持てなくなって自分自身にさえ興味持てなくてもう何年も死んだように生きてる。
森山直太朗さんの生きてることが辛いならの歌詞のいっそ小さく死ねばいいという状態。

そういう死んだように生きてる状態が何年も続いていてほんとごく最近になってその状態に慣れたこともあるしそこから少しづつ自分と言うものに興味をほんとたまにだけれど持てたり生きている実感を持てたりするようになった。
それはそれは長く苦しい暗闇のトンネルだったように思う。
未だに出口にはたどり着けていないけれども出口の明かりが確認できる距離までは来たような気がしている。
それでもまだまだ長い道のりだ。

今日の午後は母と一緒に洋間に居て話をしていた。
孫が居ないなんてそういう運命だったんだねとかいつものように親戚の話だったり叔母さんの話だったり。
自分も言いたいことが一つだけ言えた。
ホントに若い頃は30代には家建てて子供いて家庭持ってるものだと漠然と思っていたよ、現実は厳しいね、働けなきゃ結婚も出来ないしねと言ったらそうかそうかと言っていた。
そこまでは何となく会話みたいな感じになっていたけれどもそこから母の脳内が爆発していかに母の調子悪いかの一方的な話になったので逃げるように洋間を出てきた。
たいした話は出来なかったけれどもいい時間つぶしにはなったかな。
話してくれてありがとうね、母ちゃん。
最後のほうはちょっと苦痛だったけれども笑

読んでいただきありがとうございます。
↓ポチッとして頂けると更新の励みになります。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ダスク

Author:ダスク
日常や精神状態を記録しておく日記です。

最新記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR