fc2ブログ

眼鏡を作りに行けたのはいいけれど…

23:30~7:00の7時間30分睡眠だった。
あと1時間くらいは眠っていたかった。

昨日はあれから予定通りというかメガネ屋さんへ行けてレイバンのフレームを見ていたのだけれどもあまり好みのフレームがなかった。
う~ん、、と悩みながら眺めていたら子犬のような瞳で店員さんがこちらを見ていて視力検査は無料とのことだったのでとりあえず視力検査をお願いしたところ眼鏡を作った時は0.9あったのに2年と3か月で0.5まで視力が落ちていてこりゃ作らないとダメじゃんとなり1.0まで見えるレンズを作ってもらうことになった。
老眼もあるので近くも見えるようなサポートレンズなるものを用意してくださった。
でフレームを選ぶことになったのだけれどもやっぱり好みのフレームがなくて3種類まで絞り込んで悩んでいたのだけれども2つは鼻パッドがあることに気づいて壊れる原因になるかもと思って鼻パッドのない残りの1つにすることにした。
まあ何ていうかレイバンだけれどもなんてことはない普通の無難な黒縁のフレームですな。
で今度はレンズを選ぶことになって色を付けたいと言ったら色々サンプルを用意してくださって目が見える範囲の中ぐらいの濃さの茶色を選んだ。
これでサングラスを作らなくても一石二鳥だろうと思って。
もう視線恐怖症もまだあるけどだいぶ気にならなくなってきたし濃い色のサングラスはもう必要ないだろうと思って。
でレンズのグレードを1番いいものを選んだ。
高額だったけれども視野の範囲が狭くて違和感を感じていたので思い切って視野の広くなる一番グレードの高いものにした。

でここまでは何とか平常心というか想像の範囲以内だったので落ち着いて喋れていたのだけれども保障の話になったら俺の態度というか喋り方がなぜか上からな感じになってしまって目つきも変わってしまってそれをコントロールできず参ってしまった。
何でも3年以内ならレンズもフレームも何度でも交換無料というものでもし保証を使わなければ次回に眼鏡を作るとき今回の保証代を値引きするというものだった。
自分の知ってる知識としてコーティングの寿命は2年ぐらいなんですよね?もしコーティングがはがれても無料になるということですか?と聞いたらそうですと。
お客様の場合次回はサポートレンズから遠近両用になるかもしれませんがそれも無料ですと説明してくださってフレームも擦れて色が落ちても交換無料ですと。
そこからが一番問題だった。
常に低姿勢で親切丁寧な人柄のとてもいい店員さんがいるにも関わらずその店員さんが居ないかのように一人で割と大きめな声でどうしようかな~、、、とか言い始めちゃって上から目線というかそういう感じが増してしまって店員さんとのコミュニケーションが一方的な感じになってしまった💧
で結局きっと3年以内にまた視力が落ちるだろうしレンズも作り直さなければいけないと思っていたのでこれはお得かもしれないと判断して保障に入ることにした。
それできっと自分でもあまり自覚のない感じで保障に入ってやったぞ!的な感情があったんだと思う。
それも嫌な感じの客の雰囲気になってしまったような気がして…。
で金額を見せてもらったら74580円だった…!
思わず目をひん剥き呼吸が止まりうっとなってしまった。
まさかこんなに高くなるとは思ってもいなかった。
内訳は
フレームレンズセット代25000円
グレードの高いレンズ代20000円
カラーと傷防止コーティング代3000円
安心保障VIP代19800円
消費税6780円
合計74580円ということだった。

もう仰天したけど次回作るときにお得になるというかその分を今回多く払うと思えば仕方ないのかもしれない。
それにサングラスを作らなくて済むのでそれを考えると高いのは高いけどやっぱり少しは安上がりになってるのだろうと無理やり納得した感じかな。
お支払いは?というので今日、カードでと言ったら1回払いですか?と言われたのでなぜか強気で1回で(もちろん)みたいな感じになってしまって領収証受け取って席を立ちお願いします!といかれた目つきで上から目線で喋ってしまったけれども店員さんも合わせるようにいかれた目つきになってしまいそれでも低姿勢でいつもありがとうございますとおしゃってくれてプロフェッショナルだなと好印象を抱いたのでした。

メガネ屋へいるときはもうテンションが上がり気味でそこまで悲観的になってなかったのだけれども家に帰ってきてから時間が増すごとに店員さんに嫌な思いをさせてしまったような気がしてかなり思い悩んでしまった。
そのことを母に言ったら言えるだけいいじゃん!とそんなことまで気にしてんの…?と言われてしまい正直は母はそういうことに無神経すぎるのであまり慰めにもならなかったのだけれども確かに以前までだったら何もしゃべれなかっただろうなと。
視力を計っている時も落ち着いて喋れたしフレームを選ぶ時も細いつるを選ぶとヘルメットがかぶれないということも話せたしフレームで悩んでいる時も色を付けたいのでどれがいいかなぁとか言えたし確かに以前よりは精神的には良くなっているのかもしれないが…。
それでもいかれた目つきになってしまい圧をかけるように上から喋ってしまったこの人格に問題がある気がして悲観的になってしまった。
でも主治医は人格障害とは思いませんと言ってくれたしなーと。
障がいまで行かなくても性格の範囲の問題かもしれないなと思って受け入れることにした。
嫌な自分も落ち着いている自分もどんな自分も自分には変わりないし仕方ないというかそれが今の自分だというか。
だから嫌われてもいいからもっと自分をさらけ出していこうと思って。
そう思えるようになったら少し楽になった。
このひん曲がった性格も素直な時な自分も全部本当の自分。
個性なのだ。
受け入れてそれを出していこうと最終的に思えたので良かったのかな?
アハハ…。

長くなってしまいました。
読んでいただきありがとうございました。
↓ポチッとして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

( ..)φメモメモ
自分検索用
めがね メガネ 眼鏡

ビール350ml 父がいきなりビールくれた
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ダスク

Author:ダスク
日常や精神状態を記録しておく日記です。

月別アーカイブ

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR