fc2ブログ

最後の人(無駄に長いです)

0:00~9:00の9時間睡眠だった。
今日も起きる前から夢と言うよりは悩みと言うかそんな感じのものが働いていた。
だから朝は苦しい。
時計を見たら9時だったのでもう起きなければいけないのに寒さとだるさですぐには起きられなかった。
自分にしては珍しい。

今日はおつかいのメモがたくさん書かれていた。
買ってきてもいいし買ってこなくてもいいし任せると言われて困ってしまったけれども何とか買ってきた。
セルフレジでは店員さんが他のお客さんに付きっきりだったので変なおじさんにはならずに済んだ。

お昼は油淋鶏弁当。
鳥臭かったけどそれなりに美味しかった。
ごちそうさまでした。

午後からは母に頼まれて銀行へ行って食費代を下ろしてきた。
父の年金だけでは間に合わないので母の年金からいつも足りない食費と水道光熱費を出している。
先月は給付金があったので珍しく母の預金が黒字だった。
母には以前にそのことを教えたけどもうすっかり頭にないのか毎回毎回お金だしてと言っていた。
思わず前回は黒字だったでしょと言いたくなったけど言ったところでどうしようもないので言った自分が疲れるだけなので言わずに済んで良かったと思って。
施設に入るお金が無くなっちゃうよと嘆いていた。
確かに施設に入るにはお金が必要だ。
母はちゃんとこれからの老後のことを考えてるけど父はさっぱりだ。
今日も墓の話や施設の話を母が話してるのに父は全然知らぬ存ぜぬというか全く話に加わらなくて本を読んでてなんだかなぁと…。
それだけ自分を持っているということだろうが大事な話だから父も会話に参加してほしかった。
父の考えを知りたかったよ。
個人主義の父には家族会話と言う概念が無いのかもなぁ…。
残念だ。

銀行の帰りに海へ寄ってスマホで写真撮って帰ってきた。
寒くて寒くて車から降りて写真撮ってSNSにアップして速攻で帰ってきた。
んで、それからまだ数独してないことに気づいて数独のデイリーゲームクリアしてお風呂掃除して今に至る。

昨日はあれから無事本屋へ行けて欲しい漫画も見つけれて買ってきたのだけれども知らぬ間に5巻分も発売されていて4千円以上かかってしまった…。
年に1巻くらいのペースで新刊が発売されていたから予定外の出来事に驚いてしまった。
そんなに以前買ってから月日がたっていたのか~と思ってさ。
買わなくなってから1~2年くらいだと思ってたからさ、びっくりしちゃって。
3年くらい放置してたのかもなぁ…。
でさっそくRIDEXの19巻を読んだけれどもとても文字の少ない漫画なのに集中力が続かなくて一気に読めなかったのが軽くショックだった。
漫画の内容は大好きなバイクの話なので読めてもよさそうなものだったのに…。
あと4巻も残ってるけど読み終えるがいつになることやら。

あとは昨日は元カノからもらった手編みのマフラーを処分した。
元カノに未練とかはないけれども手編みのマフラーにはちょっとだけ未練があったみたい。
多分付き合ってそんなに時間が過ぎさる前にもらったものだから20年くらい前の代物かな。
プレゼントされたときに手編みのマフラーでとても嬉しくて喜んでいたら
そんな安上がりな物で騙されおって、フフフ、的な不敵な笑みを浮かべていたのが印象的だった。
プレゼントされた写真とか写真立てとか思い出の品は全部処分したつもりだったけれどもマフラーが残ってたね。
もう古すぎて匂うし手触りもべたつくし使ってないしこれからも使うことは無いだろうと判断して思い切ってゴミ箱へ入れた。
ただね、手編みと言うぬくもりが消えてしまう気がしてそれでなんだかなぁと思っていたけどフォロワーさんに捨てて良かったんだと言われてそれでやっと納得して昨夜は安心していた。

ここから無駄に長くなります…。すっ飛ばしてもらって大丈夫です。
元カノとは付き合い始めたのが多分23歳くらいのころで2008年の30歳まで付き合ったから7年間付き合ってたのかな。
あまり人に言えることではないけど最初は不倫だったんだよね。
元カノとの出会いは精神科でね、同級生だったんだよね。
俺はうつ病で市民病院へ通っていたんだけれどもそこで診察室から出てきたら待合室で俺の名前を呼ぶ声が聞こえてその声の主が元カノだった。
彼女もうつ病で精神科へ通っていたらしい。
宮城県のお寺へお嫁に行ったけど旦那さんに浮気されてそれで病んで地元へ帰ってきて実家で療養しているとのことだった。
精神科へ通う曜日が一緒でそのうち診察後は二人で会って話すことも増えて自然と距離感が近くなっていった。
彼女はまだ離婚してなくてでも夫婦生活はもうとっくに破綻していてだから不倫は悪いことだと分かっていたけど付き合うようになった。(自分の中でバイク事故を起こした時のような常識的な人格がまた少し壊れた気がした。)
夫婦生活も破綻しているし彼女は別れたがっていたけど旦那さんが別れたくなかったらしくてしかも今も他に女性がいることを彼女は知っていて…。
それでその旦那さんが彼女を説得に宮城から八戸まで会いに来るということになったのだけれども旦那がその時に浮気相手と必ず一緒に来ると彼女は確信してて、俺はそんな間抜けな話があるのかなぁと半信半疑だったけれども彼女の女のかんは見事に当たって旦那さんと浮気相手が一緒に車に乗っているところを彼女が発見しそれで旦那さんも観念したのか素直に離婚に同意してくれてやっと離婚できたんだよね。
俺も離婚届けを役所に取りに行ったりしたけどもあとで聞いた話だけれどもその離婚届けは結局使わなかったらしい。
使えるわけないでしょと言っていたっけ。
で彼女は俺からのプロポーズ待ちだったんだけれども当時は法律で女性は離婚してから3か月だったかな?半年だったかな?経たないと再婚できないという法律があったから俺はすぐにプロポーズできなかったんだけれどもその法律を知らない彼女の心は俺から離れていってしまって…。
俺も不器用だからそういうことをうまく伝えられず…。
それで彼女はもう別れたつもりでいたみたいだったというか一回自然消滅みたいな感じになってしまって…。
でこれではいかんと俺は相変わらず大好きだったから彼女と一緒に同棲できればと頑張ってアパート借りたら彼女の心も俺に戻ってきたんだけれどもこのタイミングで統失の悪化と会社の業務縮小のダブルパンチで…。
で、以前にも書いたけれども彼女に合いかぎを渡すタイミングで私でいいの?と言われ真に受けてしまった俺はその時の彼女の雰囲気が妄想で今までの俺の知ってる彼女じゃなくて色々な人の雰囲気まとった違う人に見えてしまってちゃんと考えるわと言って合いかぎを渡さず俺はもう彼女のことを好きではなくなってしまったのかもしれないと錯覚して結局それが元カノとの最後だった。

それが2008年の出来事だからそれから16年俺は友達関係も女性関係も一切なく一人孤独に生きてきた。
きっとこれからも同じような孤独な生活を送るしかないんだきっとと思う。
だから俺にとっては元カノが最後の人。
になると思う。
病的な未練を主治医が断ち切ってくれなかったら今でも未練たらたらだったはず。
だから主治医にはとても感謝している。
あの苦しさと言ったら…。
だからね孤独だけどあの苦しさからは今は解放されてる。
何なら次に愛する人を見つけたいと思えるほどに今は良くなってる。
ただ現実的に次の人を見つけるのはとても不可能だということ。
だからきっと彼女が最後の人になるであろうと思われる。

どうでもいい文章を読んでくださり非常に申し訳ない。
ありがとうございました。
↓ポチッとして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ダスク

Author:ダスク
日常や精神状態を記録しておく日記です。

月別アーカイブ

FC2カウンター

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR